山波言太郎総合文化財団とリラ自然音楽研究所の最新情報をお届けしてきた公式ブログ「りら日記」は、当ページで更新します。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

公式Twitterも合わせてご覧ください。

紙芝居で見る「人は死なない ジュリアの音信」8月に逗子で開催します

これまで全国で開催してまいりました「人は死なない ジュリアの音信」DVD鑑賞会を、よりアットホームに紙芝居スタイルで開催いたします。今回で8回目になる紙芝居の会。少人数で肩寄せあうような雰囲気の中で、ご一緒に「死について」学んでみませんか。


死んだらどうなる? 死はタブーではありません
宗教や哲学ではなく、近代心霊研究とネオ・スピリチュアリズムに基づいた「死について」を、優しい絵の紙芝居と語りでご覧いただきます。質疑応答でゆっくりお話しもいたしましょう。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

「死がこんなに心地よい眠りからの目覚めとは、思いませんでした」

「エレン、死の前にこれほど近く貴方のそばに私はいたことがないわ」

                    (ジュリアのことばより)

■神奈川県逗子市 開催

紙芝居「人は死なない ジュリアの音信」山波言太郎 作・朗読(CD)
進行役 熊谷えり子(山波財団 代表理事)

[日時] 2017年8月20日(日) 16時~18時30分
[会場] 逗子文化プラザ 市民交流センター 第5会議室
[参加費] 300円(事前にご予約ください)
[申込み・お問合わせ]山波言太郎総合文化財団
TEL0467-24-6564

 

案内チラシと地図はこちら


2017年6月に横浜で開催した紙芝居の会も

少人数ならではのアットホームな雰囲気の会になりました。

ポスターを見て参加された方や、

ご家族を亡くされたばかりの方がたくさん参加されました。

(2017年6月23日のアンケートより)

愛にあふれた心豊かな人生を送りたいと思いました。自分だけでなく家族、友人など、大切な人が幸せになるお手伝いをしてあげたいと思いました。

心がおちつくいやしの時間でした。私は今までの経験から比較的すんなりとお話の世界に入ることが出来ました。確証を得たかのような気持ちです。

「私たちが何のための生きているのか」を考えるときに役立つ考え方だと思いました。今の生を精一杯に生きていれば死を恐れることはない、のだとわかりました。

(他界での)新しい生活を始めた母と私の間には唯、愛という絆があるのみ。別れは存在しないと確信しております。今日は又、ジュリアさんにお逢い出来て本当に嬉しかったです。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031