財団沿革

1982〜1984年

桑原啓善(ペンネーム:山波言太郎)
一人の平和運動開始

「不戦のための自作詩朗読と講演会」を一人、全国各地で行う

1985年10月

任意団体「シルバー・バーチの会」(後「生命の樹」)を設立

世界の恒久平和を実現するための文化活動を開始

月刊誌『生命の樹』発行し、定期的に各種研究講座、月例講演会活動を始める

1992年9月

有限会社でくのぼう出版 設立

桑原啓善の著書の出版や月刊誌『生命の樹』の発行を目的

1992年 春

「リラヴォイス」を開発する

1995年 秋

「リラ自然音楽」を開発、翌年、「リラ自然音楽療法」を開始する

1996年4月

株式会社ハーブ銀河鉄道 設立

リラ自然音楽療法の普及を目指す

1997年10月

株式会社リラ研究グループ自然音楽研究所(略称:リラ自然音楽研究所) 設立

クラブ会員制度をもって芸術文化活動を進める

リラ自然音楽の創作活動、各種講座教室の開催、CDの製作、コンサートの開催、研究活動や講演活動を行う

1999年5月

リラ自然音楽研究所内に「自然音楽療法研究センター」を開設

臨床研究を進め『LYRA通信』を発刊し、その成果を記録し定期的に公開する

1999年12月

任意団体「生命の樹」を自然音楽研究所へ統合し解散

2001年9月

リラ自然音楽研究所内に「でくのぼう宮沢賢治の会」発足

2003年3月

株式会社ハーブ銀河鉄道(7期)の全事業を有限会社でくのぼう出版に移行し、解散

2009年1月

山波言太郎 任意団体「義経と静の会」を発足

機関誌『ボルテ・チノ 日本の心』創刊

2012年3月

一般財団法人山波言太郎総合文化財団(略称:山波財団) 設立

総合芸術文化活動を目指して、関連の全ての活動を山波財団に統合する

「自然音楽療法センター」は山波財団内に「新生科学研究会」として統合

「義経と静の会」は山波財団に移行、機関誌『ボルテ・チノ 日本の心』は『サムライ・平和』として継承

「でくのぼう宮沢賢治の会」も山波財団内に移行

2013年2月

「生誕葬」事業開始

4月 第1回リラ自然音楽生誕葬実施

2013年3月

有限会社でくのぼう出版(21期)の全事業を山波財団に統合し解散

2013年7月

桑原啓善他界、意志を事業理念に永年名誉会長(山波言太郎)とす

2013年10月

リラ自然音楽研究所(17期)の全事業を山波財団に移し、統合終了