夏休み子ども会

  1 今年も毎年恒例、熊谷先生率いるでくのぼう宮沢賢治の会による、お楽しみ企画「夏休み子ども会」が開かれました。参加される子どもさん達には、山猫の裁判所から、馬車別当(童話「どんぐりと山猫」)直筆の、「めんどな裁判やりますから、おいでんなさい」というおかしなハガキが送られました。 ホールに次々と入っていらっしゃる子ども達をみていると、また一段とあらわれてきた個性と使命が、澄んだ目に映しだされていて、まるで、天使がひとりずつ降ってきて次々姿を現しているような、そんな思いにうたれました。 2 3 でくのぼう会の出し物は、今年は、影絵「どんぐりと山猫」。そして、お姉さんたちの影絵、子ども達と一緒に遊ぶあやとり/馬車別当のピアノに合わせて歌う「静かな湖畔」でした。 「どんぐりと山猫」は、この日のために新しく水元若・月読かぐやお姉さんが吹き込んでくれた新作の朗読付で、でくのぼう会のお兄さんお姉さん(自称?)もかなり力を入れたものでした。歌のコーナーでは「かっこう〜、かっこぅ!!」と、ひねりを加えた踊りつきで盛り上げてくれた君、どうもありがとう。 4 そして、みんなが毎年楽しみにしている、マジシャン君の、さらに進化したマジック。今年は「和」のいでたちが素敵な、見事な手品に会場がわきました。 5 6 最後に、青木先生の絵本の読みきかせには、みんなお話に引き込まれてしまい、本当に「あっ」という間の、なんだか楽しくてしかたない、そんな感じの子ども会でした。 全国各地から、参加下さったみなさん、本当にありがとうございました。 また、みんなに来年も会えることを楽しみにしています。  

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031