玄米シリーズ(4)

おすすめ玄米レシピ
その2.玄米甘酒

 

 玄米と麹菌の相乗効果が大いに期待出来る玄米甘酒は元気の源と言えるかもしれません。と言うのも特に甘酒は別名「飲む点滴」と呼ばれている程、非常に栄養価の高い飲み物だからです。それでいて酒かすを使用せず、玄米と麹と水だけで作るので、アルコールを含まない健康ドリンクとして、小さなお子様にもおすすめです。作り方も簡単ですし、多めに作って1週間以上冷蔵庫で保存することも出来ますので、とても便利です。コーヒー好きの方にもおすすめです。

 

玄米甘酒作りのポイント

発芽玄米甘酒作りのポイントは麹を使いますので温度を55℃~60℃位に保つことです。と言っても、ちっとも難しくありません。そんな簡単レシピを紹介致します。

 

玄米甘酒レシピ

 

材料

炊いた発芽玄米ごはん  350g

市販の麹        1袋(200g)

水           1ℓ

 

2倍量の場合

炊いた発芽玄米ごはん  700g

市販の麹        2袋(400g)

水           2ℓ

 

作り方

1. 分量の炊いた発芽玄米と水と、市販の麹をほぐして炊飯ジャーの中に入れる。

2.炊飯ジャーのフタをあけたまま、お釜に水を湿らせた布をかぶせ保温スイッチを入れる。

3.大体、夏は8時間、冬は10時間位おけば出来上がり。

 

ポイント

炊飯ジャーに長く保温しすぎると酸味がでてしまうので、注意してください。又、出来上がった甘酒を常温に置いて冷ますと,緩やかに発酵が進み、同様に酸味が出てしまいますので、出来上がったら冷蔵庫の中に一晩入れて発酵をとめるのがポイントです。甘さと旨味が一層気引き立ちます。炊飯ジャーの種類によっては、保温状態でも温度が上がり過ぎてしまうことがあるので、その場合は湯煎状態にします。水の温度の目安は55℃~60℃です。

 

飲み方

そのまま召し上がってもいいですが、軽くミキサーにかけた方が、なめらかで飲み易くなると思います。又、黒ゴマやフルーツなど、他の食材とブレンドして一手間かけると一層おいしくなります。お好みでいろいろとアレンジしてみてください。残りは冷蔵庫で10日以上保存できますので、ご家族の分も含め、少々多めに作っても大丈夫です。ドリンクの他にも、味噌や酢と併せて調味料として使う事ができます。 ※実際に作るとわかりますが砂糖を全く入れないのに何でこんなに甘いの?と言いたくなる程、甘みと旨味が凝縮しています。夏は冷たく、冬はホットでと、この栄養豊富な健康ドリンクは一年中おすすめ出来る優れもの。それにこれを飲んでいる人はみんなお腹とお肌の調子がいいみたいです。但し栄養価が高いので、くれぐれも飲みすぎにはご注意下さい。    

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031