ネパール地震 緊急義援金のお願い

【追記】義援金の募金活動は終了いたしました。
ケンジ・インターナショナル・スクールのための緊急義援金のお願い
4月25日のネパール大地震で、ネパール全土が深刻な被害に見舞われました。首都カトマンズにある、ケンジ・インターナショナル・スクールも甚大な被害を受け、学校の再建がたいへん厳しい状況です。
宮沢賢治の理想を実践しているナンダ・プラサド・ウプレティさん
でくのぼう宮沢賢治の会と交流のある学校代表、ナンダ・プラサド・ウプレティさんは「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」という宮沢賢治の思想を子どもたちに教え、祖国ネパールをはじめ、世界に広げようと2000年に同校を設立。ナンダさんは、これまで、いっさいの個人的利益を受け取る事なく、すべて無償奉仕で活動なさってきました。
たいへん控えめな方なので、これまであまり支援を求めてこられなかった方ですが、今回はじめて緊急要請のメールをいただきました。
ナンダさんやご家族はじめ、生徒さん、学校関係のみなさんは、ご無事だったそうですが、ネパールは予断を許さない状況が続いています。
ナンダさんは、現在、残った教室と屋外にテントを張り、学校関係者と、近隣住民200人を収容する避難所を開設して、日夜、活動をされています。
ナンダさんの夢
「満たされる事が非常に難しい子どもたちを、
 世界の明るい星たちに変えることによって、この社会に貢献すること」
【義援金について】
■山波財団が責任をもって、全額をナンダさんへ送ります。
■募金の目的は、学校再建のため、そのための支援です。
■募金についてのご報告は、山波言太郎総合文化財団 1階掲示板、
  ブログ(でくのぼう宮沢賢治の会のブログ 〈ポラーノの広場〉 )、
  財団の公式ブログ 〈りら日記〉 、月刊誌『生命の樹』で公表していきます。
■第1回目の送金は、5月20日頃を予定しています。
【募金方法】
■募金箱へ入れてください。
山波言太郎総合文化財団(リラ自然音楽研究所)の1階と3階に設置します。
小額でも、ネパールは物価が安いので、大変役に立ちます。
■口座振込の場合は、
 義援金専用口座をつくりましたので、こちらへお振込みください。
----------------------------------------–
銀行名: 三菱東京UFJ銀行
      逗子(ズシ)支店(店番 628)
      普通口座 0491894
口座名義:熊谷えり子(クマガイ エリコ)
----------------------------------------–

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031