2003/01/31 ISBN 978-4-7952-3350-8 C0010

書籍

正しい心霊研究とスピリチュアリズムを知る 日本の心霊研究の父、浅野和三郎の名著 神霊主義 心霊科学からスピリチュアリズムへ

浅野和三郎 著 / 熊谷えり子 現代文 / 桑原啓善 監修

定価1,300円 +税

ご注文はこちら 送料164円〜

recommendation おすすめ理由

自然音楽セラピーにおける「人間進化」の核心にいたる道案内となる本です。
霊魂の存在とその働きを知らなければ、人生は、灯火のない夜道を歩くようなもの。本書は日本の近代心霊研究の父、浅野和三郎の名著の現代文表現、善霊と邪霊を見分ける基本のテキストです。

姉妹本「スピリチュアルな生き方原典」と合わせてどうぞ。
この2冊は姉妹本で、「リラ自然音楽」のバックボーン桑原啓善(山波言太郎)の「ネオ・スピリチュアリズム」に至るまでを知るのに最適な本です。この2冊で正しい心霊研究とスピリチュアリズムを知ってください。

特集ページへ

 

◆関連書籍

contents 目次

序 論
  • 心霊常識普及の急務
  • 最後は心霊実験
第一章 人間それ自身
  • 肉体と自我
  • 人体の霊的調査
  • 自我の行使する四つの機関
  • 肉体・幽体・霊体・本体
第二章 人間の環境
  • 人間の交渉範囲
  • 四大界
  • 幽界
  • 霊界
  • 神界
第三章 霊媒の種類ならびに精神統一の理論と方法
  • 霊媒の種類
  • 精神統一の目標
  • 身体的用意
  • 精神的用意
  • 精神統一の理論
第四章 偶発性の諸異常現象
  • 霊夢
  • 幽霊および幽霊屋敷
  • その他の異常現象
  • 異常現象の解釈
  • 詐術説
  • 幻錯覚説
  • 精神説
  • 交霊説
第五章 叩音および物質化現象
  • 客観と主観、二種類の心霊現象
  • 叩音現象
  • 物質化現象
  • ケーティ・キング
  • エステルとフランクリン
  • その他の実例
  • パラフィン手型と指紋
  • 裏面の意義
第六章 霊言現象
  • 霊言現象の長所と短所
  • 入神講演
  • パイパア夫人
  • レナルド夫人
第七章 自動書記現象
  • 二様の形式
  • モーゼスの自動書記
  • ジュリアの通信
  • ウィングフィールド嬢
  • その他の自動書記霊媒
  • 内面装置
第八章 霊視現象
  • 距離を超越する霊視
  • 物体の透視
  • 超現象界の探検
  • 未来の透視
  • 霊視現象の内面装置
第九章 卓子浮揚ならびに物品引き寄せ現象
  • クローフォード博士の卓子実験
  • 物品引き寄せ
  • 人体引き寄せ
  • 亀井霊媒の実験
  • 内面装置
第十章 心霊写真現象
  • 心霊写真の性質
  • 初期の写真霊媒
  • クルュー団
  • その他の写真霊媒
  • 内面装置
第十一章 直接談話その他の物理的現象
  • 直接談話の種々相
  • リイド夫人
  • ヴァリアンタイン
  • その他の直接談話霊媒
  • 内面的機構
  • その他の物理的現象
第十二章 心霊研究のもたらす教訓
  • 心霊現象は科学的事実である
  • いかなる異常現象も自然の法則の現れである
  • 各自は自我表現の機関として特殊の媒体をもっている
  • 各自の個性は死後に存続する
  • 各自は永遠に向上進歩の途をたどる
  • 死後の世界は内面の差別界である
  • 各自の背後には守護霊がいる
  • 守護霊と本人とは不離の関係をもつ
  • 幽明の交通は念波の感応である
  • 超現象の各界には種々の自然霊がいる
  • 高級の自然霊が人類の遠祖である
  • 最高級の自然霊が事実上の宇宙神である
  • 宇宙の万有は因果律の支配を受ける
  • 宇宙の内部は一つの連動装置をなしている
  • 全大宇宙は物心一如の大生命体である
第十三章 神霊主義の四大綱領
  • 神霊主義の名称
  • 神霊主義の四要素
  • 大自然主義
  • 大生命主義
  • 大家族主義
  • 敬神崇祖主義
  • スピリチュアリズムの綱領と批判
  • 神は万有の祖
  • 人類は同胞
  • 死後個性の存続
  • 幽明交通と天使の支配
  • 各人各個の責務
  • 因果応報
  • 永遠の向上

data 作品データ

書籍 四六判 272ページ ソフトカバー
発売 星雲社
発行 山波言太郎総合文化財団 出版事業部 でくのぼう出版

related product 同じジャンルのおすすめ

refine your search 他の書籍を探す