2003/01/31 ISBN 978-4-7952-3349-2 C0010

書籍

正しい心霊研究とスピリチュアリズムを知る 多様な霊の働きと仕組み、そのコントロールの秘訣 スピリチュアルな生き方原典 日本神霊主義聴聞録

脇 長生 講述 / 桑原啓善 筆録

定価1,300円 +税

ご注文はこちら 送料164円〜

recommendation おすすめ理由

日々の生活にすぐに役立つスピリチュアルな1冊。
脇長生師は大霊能者にして日本における心霊研究の第一人者でした。本書は霊魂の“具体的”な働きを“科学的”に解説した世界でも類のない名著です。

姉妹本「神霊主義」と合わせてどうぞ。
この2冊は姉妹本で、桑原啓善(山波言太郎)の「ネオ・スピリチュアリズム」に至るまでを知るのに最適です。この2冊で正しい心霊研究とスピリチュアリズムを知ってください。

霊的現象でお困りの方はご一読を!ぜひ目次の抜粋をご覧下さい。


第一章 人間と霊魂の働き

  • 霊魂を働かすのは自分
  • 性格は背後霊の影響
  • 事故の背後に霊魂
  • 勝負の背後に霊魂・霊魂を動かすのは心
  • 芸術にも霊魂の働き、それを支配する日常の心がけ
  • 自己責任から幸福が生まれる
  • バイタリティは心身浄化から、心身浄化は反省と精神統一から
  • 心霊知識は幸福への早道……他

第二章 心の働きと幸・不幸

  • 心は生きもの
  • 人を呪わば穴二つ
  • 病気の奥に心あり
  • 災難の裏に心あり
  • 貧困と繁栄の裏に心あり
  • 幸・不幸の裏に心あり
  • 実践によってのみ宇宙法則に合致できる
  • 幸せは人に分けよ……他

第三章 意念の統制

  • 幸・不幸は意念の統制いかんによる
  • 自分から出たものが自分に返る
  • 自分を変えれば相手も変わる
  • 「我」をなくすには奉仕
  • 奉仕とは自己犠牲
  • 意念の統制の基礎工事は素直・反省・努力
  • 意念の統制者は天狗になり易い
  • 死ぬ気でやれ……他

第四章 精神統一と霊能発揮

  • 霊能目的の統一は危険
  • こんな精神統一はだめ
  • 霊媒による統一指導は危険
  • 統一時が統一ではない。大切なのは日常の意念の統制
  • 霊魂に執われるな
  • 心の調和を無視した修行は百害あって益なし
  • 霊能は邪霊でも起こさせる
  • 霊夢について……他

第五章 除 霊

  • 憑依霊は自分で呼んだもの
  • 説得すれば霊魂も分かってくれる
  • 無理な除霊は傷口を深める
  • 動物霊は説得では駄目
  • 人間とは背後霊との総合物
  • 霊魂は心の持ち方で憑いたり離れたり
  • 霊媒による除霊はごまかしが多い
  • 宗教的除霊は一時的か、または逆効果……他

第六章 祖先霊・亡霊・因縁霊・動物霊・宗教霊

  • 新しい祖霊を拝んではいけない
  • 供養とは形でなく、心の問題
  • お盆行事の弊害
  • 不幸や事故の背後に因縁霊
  • 因縁霊は婚姻関係を通じ働く
  • 動物霊の背後に因縁霊あり
  • 宗教団体には宗教霊が働いている
  • お守り札に頼るのは危険……他

第七章 病気・食事

  • 子供の病気は親がつくる
  • 除霊すれば癌も治る
  • 人間病気にならぬもの、なっても自然に治るもの
  • 自分で治そうと決意せよ
  • 痛みは治る徴候、感謝せよ
  • どんな健康法も邪霊と結んでは逆効果
  • 肉食と菜食では働く霊魂が違う
  • 殺生と霊魂の働き……他

第八章 子供の教育としつけ

  • 子の欠点、懺悔は自分に向けよ
  • 親の欠点が子の不幸を招く
  • 受胎前後の事情が子の性格に影響する
  • 欲をもったしつけは子供を悪くする
  • 十一才まではしつけで容易に変えられる
  • 親は虚栄心をもつな
  • 親でなくも子を愛育する人の性格が子に移る
  • 子供の創造力を伸ばしてやれ……他

第九章 金銭・商売・家庭

  • お金は必要あって入ったのだから、生かして使え
  • 生かして使えばよい報いを得る
  • 欲がなければ、金の方からたまってくる
  • 奉仕こそ繁栄への道
  • 社長の心得
  • 家長の心得
  • 一家中を神霊主義に……他

第十章 神界組織と守護霊

  • 神界組織の地上出張所が産土神
  • 人間と切っても切れない守護霊
  • 人間は一人ではない
  • 休みなく働いている守護霊
  • 幸福に責任をもつ守護霊
  • 使命達成は守護霊との道交から
  • 守護霊に頼れば、守護霊は働けない……他

第十一章 心霊研究と神霊主義雑感

  • 今日の心霊界では正しい霊媒が育たない
  • 心霊研究家は霊界とのつながりをもつ
  • 自称神霊主義は必ずしも神霊主義者ではない
  • 合理的研究と実践の上に立て
  • 何ものにも頼らないところに神霊主義の本道あり
  • 奥の心まで神霊主義常識を身につけよ
  • 霊魂にとらわれる者は神霊主義者ではない
  • 心霊知識より「我」のない生活を……他

……等、全十一章245項目
 
〈附録〉日本神霊主義とは何か    脇 長生


特集ページ

 

◆関連書籍

contents 目次

目次はこちらから

data 作品データ

書籍 四六判 264ページ ソフトカバー
発売 星雲社
発行 山波言太郎総合文化財団 出版事業部 でくのぼう出版

related product 同じジャンルのおすすめ

refine your search 他の書籍を探す