この4月、ぜひ読んで欲しい一冊『日本の約束 —世界調和への羅針盤—』

新元号が発表されました。

来月には新しい時代がはじまります。

 

これから、私たち日本人は、

どこに向かおうとしているのでしょうか。

ハイテクノロジーを謳歌しながら、

八百万(やおよろず)の神を受け入れ、

アニミズム的な自然観さえ、

暮らしの中に息づかせている日本人

「おかげさま」「お互いさま」

「足るを知る」「お天道さまが見ている」など、

古来、人々の心に根付いてきた独特の感性を今も持ちつづけ、

時代が変わっても、いつでも立ち戻れる中心点として肯定してきた私たち。

 

この本は、混迷をきわめるこの世界で、

そんな日本人の果たす役割り、進むべき方向を考える一冊。

時代が大きく変わる「変わり目」の今だからこそ、

ぜひ読んでいただきたい一冊です。

3人の医学博士よる、渾身の、日本の未来への提言書です。

日本の約束 世界調和への羅針盤矢作 直樹/長堀 優/濁川 孝志¥1,400+税2018/11/23

 

【著者紹介】

  • 矢作 直樹(やはぎ なおき)
    東京大学名誉教授 / 医学博士
    著書『人は死なない』(バジリコ)、『天皇』(扶桑社)、『長生きにこだわらない』(文響社)など多数。
  • 長堀 優(ながほり ゆたか)
    育生会横浜病院 院長 / 医学博士
    著書『見えない世界の科学が医療を変える』『日本の目覚めは世界の夜明け』(でくのぼう出版)、『タマシイはひたすらびっくり体験とわくわくアイディアだけを求めてあなたにやって来た!/共著 池川 明』(ヒカルランド)
  • 濁川 孝志(にごりかわ たかし)
    立教大学教授 / 医学博士
    著書『星野道夫 永遠(とわ)の祈りー共生の未来を目指してー』(でくのぼう出版)、『星野道夫の神話—未来を照らすそのスピリチュアリティ』(コスモスライブラリー)、『ブラックバス問題の真相—親子で考えるためのQ&A』(牧歌舎)など。

 

Youtubeページを開く

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031