『日本の約束』を読んだ方々の声 その1

 昨年、3人の医学博士による共著『日本の約束—世界調和への羅針盤—』がでくのぼう出版から発売されました。矢作直樹先生、長堀優先生、濁川孝志先生の書き下ろしと鼎談(ていだん)から構成される本書は、長引く出版不況の中、ちゃくちゃくと部数を延ばし重版を重ねています。全国の様々な年齢層の皆さまから、たくさんのお声が届いています。手に取ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。

今、本当に必要とされる内容が詰まっています。

ぜひ、ご一読ください。

日本の約束 世界調和への羅針盤矢作 直樹/長堀 優/濁川 孝志¥1,400+税2018/11/23

 

皆さまから届いたお声の一部を紹介するシリーズ、第1弾です。後日、第2弾を予定しております。

 日本人として生まれて良かったという事と自分が今ここに居る使命と責任を感じました。そして、日本人は本当は強いのだから自分も含めもっと頑張らなければいけないと思いました。(石川県 MKさん)

 驚いた事に著者が全員医者である。思うに医者は悪い部分を切取り、薬で肉体を表面的且つ一時的に治すものである。だから精神世界の対極にあるものと決めつけていたが、この三人は本物のスピリチュアリスト達である。
 人間の価値観とそれに応じた生活を金や物から心へと転換すること。それが愛と平和の未来の地球を産み出すために早急に必要であり、日本人がその先陣を切る事が太古より決まっていたらしい。それが納得できました。
 この本で「中今」という語に初めて出会った。「中今」に生きるとは「一期一会」と通底していて、もしその様に生きればみんなが光り始めると思う。今に集中して事を為している人は光輝いて見えるから。(栃木県 UYさん)

 本文中、処々に出てくる「中今」や「一期一会」は、多忙な現代人の忘れがちな、『明日に架ける橋』には欠かせぬものの様に思いました。(匿名希望さん)

 日本の使命、縄文の意義、天皇の存在、日本人の役割を失った訳、読む内一人一人が「何の心配ない事に気づき…顕在意識から潜在意識全部一つとなり高次元と一つになる」事は、ネオ・スピリチュアリズムの「守護の神界計画」と繋がると感じた。(東京都 YKさん)

 今の日本人に必要なこと、大事なことがいっぱい書いてある。正しく受けとめ素直に受け入れる人は幸せな人である。
 この国に生まれたことに感謝し、日本人であることと、〈日の丸〉〈君が代〉を大切に感じることが出来れば青人草になれる。(静岡県 TSさん)

万巻の書のエキスや秘された歴史がこの一冊に入っています。支配、洗脳されている日本の現状を知り目が覚める思いです。広い視野で地球を見ている三人の先生方に感動し、この一冊が人々の覚醒を呼ぶと確信します。(石川県 KEさん)

 フムフムではなく、ウ~ンという感じ。いろんな問題が山積していても一見平和そうに見えるこの日本にドキッとする話し。
 ゾワゾワとしてノホホンとしていられない自分がいる。(広島県 YMさん)

 今、まさに新時代到来の時、三人のサムライの先生方が、日本人の魂を目覚めさせるため、ネオ・スピリチュアリズムの真髄を、一般の方へ届く言葉に翻訳してくださった渾身の一冊、一人でも多くの方へ届けたいと思います。(神奈川県 HMさん)

ご注文は、でくのぼう出版、または、全国の書店にてうけたまわります。

でくのぼう出版へのご注文

Youtubeページを開く

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031