書籍『愛で世界が変わる』から〈第七章「光に光を加えるもの」〉の感想をご紹介 その1

愛で世界が変わる愛で世界が変わる
ネオ・スピリチュアリズム講話
桑原啓善
¥1,650(税込)2007.10.30

 

この『愛で世界が変わる』の書籍は、桑原啓善(ペンネーム:山波言太郎 やまなみ げんたろう)が、スピリチュアリズムを学ぶために集まった人々を対象に話した講話の集成です。

 

この講話は一部をビデオに記録しており、第七章「光に光を加えるもの」の基になった講演ビデオを、桑原啓善ビデオ会(タイトル:「光に光を加える者」)として全国で開催しました。
このビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部と、第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」の本文を一部ご紹介します。

 

まず、第七章「光に光を加えるもの」の本文を一部ご紹介します。

第七章 光に光を加えるもの

一、今、ハルマゲドン

先月のこの例会の講話で「百人の光の使徒よ現れよ」というお話をしました。すると、私はそれになりたいと後から申された方がいました。しかし、講話の途中で何やらウツラウツラしている方もいました。そういう方には申しわけないのですが、今日もまたもう一度、「光の使徒よ現れよ」というようなお話を致します。前回ウツラウツラしていた方は、今日はどうか目を覚まして聞いていて下さい。これは貴方の運命にかかわる問題ですから。また、人類の運命にかかわる問題ですから。もし、今日も眠っておいでになるようなら、私は(と申すより)、神は貴方の未来の運命に対して保証をなさらないでしょう。
 と申すのは、今ハルマゲドンなのです。ハルマゲドンとは、何千年も昔からいろいろ預言がありますが、神と悪魔との(善と悪との)最後の大決戦です。これで天地は壊れ、人類は滅び、救世主が降臨して人々を裁き、善人は天国へ上げ悪人を亡ぼす、つまり人類の終末のことを申します。
 シルバー・バーチは物語にいうような(つまり地球が破壊されるという意味での)ハルマゲドンはないと言っています。ホワイト・イーグルも、地球の変動はあっても、時間をかけて起こるだろうと言ってくれています。
 そうです、そうなると思います。しかし、大きな変動はあるのです。いま唯物主義の時代から、全く逆の「愛と平和」アクエリアス黄金時代へと、地球は確実に移動しているのですから。このことは前回、天文学的に魚座から水瓶座へと地球の位置が変動しているから、水瓶座から新しい「統合と平和」のエネルギーが照射されるのでそうなるのだと言いました。そうです、地球はいま何万年に一度の、かつてない地上天国実現の時代へ向かおうとしているのです。それは、何万年というより、もっと大きな宇宙的規模の変動が地球に起こりつつあると、私は感じています。それは水瓶座以外からも、もっと大きなエネルギーが注がれつつあると私は感じているからです。
 ともあれ、千載一遇の稀有の時代を私達は共に生きながら過ごしつつあるわけです。ですから、大きな変異が地球の上にも、人類の上にもこれから起こるでしょう。実は今それが、大変異の時間にさしかかっています。ここ十年くらいの間に、いろいろな変化が私達に及ぶでしょう。今、すなわちハルマゲドンです。人類の運命の上に、政治にも経済にも思想にも大きな変化が起こるでしょう。地球に、気象にも地震や噴火や地殻の動きにも、不気味な変異がみられるでしょう。そして個人の運命の上にも、魂の選別が行われるでしょう。すなわち、地球に変動がある時、多数の死ぬ人と生き残る人とがより分けられましょう。死ぬ人の中の相当部分は地球に再生せず、もっと低位の天体へと移されるでしょう。
 もちろん、これは最悪の事情の時です。そして今すぐそうなるということではありません。しかし、ここ十年くらいのうちに、そういう事態へと進むか、あるいはゆっくりと割と平穏理に黄金のアクエリアス時代へと変動していくか、そのけじめがはっきりつけられるでしょう。いずれの方向に進むにしても、人類の魂の選別だけははっきりとつけられます。アクエリアス期に、人類の文明は霊的に高度化され、地球そのものも浄化されて、全体の波動が現在の次元よりレベルアップされますので、この高い波動に合わない魂は、当然地球に再生はされない、そういうことになるわけです。
 激動の中で地球は変化するのか、緩慢な平穏な足どりで地球はそうなるのか、それを決めるのは私達です。すなわち私達の善念(愛と平和の念)が強ければ平穏理に移行するし、もし悪念(利己主義)が勝てば必ず激動、多数の死を招く人類の破局を迎えつつ変化します。それを決めるのがここ十年です。悪念の量と善念の総量の差でそれが決まります。ですからハルマゲドンです。

 

ビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部をご紹介

 

●広島ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆今日のビデオ会のテーマは「光に光を加える者」でしたが、正直申しまして知りませんでしたが、以前から私の求めていた事の答えをいただきました。(中略)今日から「私は変われる!変わってみせる!」という、ワクワクした予感がありました。
だから、この心に倦まずたゆまず仕事をとおして、日常生活を通して、寿命まで積み重ねていきたいと思います。 機会を与えて下さり、ありがとうございました。

◆神様のことが大好きで、色んな本を読んだり、宗教などもしましたが、どこか引っかかる点があり、今日ビデオを観させて頂いて生まれてきた目的がはっきり分かり、これから光の人として奉仕に生きます。ありがとうございました。今日来れて本当に良かったです。

◆私は幼少期は、結構わがままな人間だったと思いますが、13才で原爆にあい、九死に一生を得ました。生かされる意味があったのでしょうか、其れからは、生活も一変し、主として病気で、死と向かいあう事が何度かあり、其の度に少しづつ変わって来た様に思います。80才代になり、足腰が不自由になり、まわりの人をはじめ、皆様に助けて頂くばかりですが、少しでも、心の光を与えられる人間になれる様、努力したいと思います。

 

●福岡ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆30年も前のお話とは思えない程新鮮でした。色々な新たな発見もありました。
人間は神の助手となる為生まれて来たという事を再度、再度、思いを新たにしました。
その事以外に人生には、必要ないのだろうと思いました。

◆「悪も光の一部」 こんな希望に満ちた言葉はない!僕は「悪」という自覚が強かった故、悪から光になるという大いなる展望なり!腹の底から笑いたくなる光に満ちたフレーズだと感じた。

 

●盛岡ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆人間は悪いこともできる。愛を持つこともできる。今日は強く印象に残りました。 死――生まれること――生きることの意味を再確認しました。

◆人が光になるとは今までなかなかわかりづらい表現と思っていましたが、悪と愛の接触で発光する。 例としてマッチのやすりと、マッチの芯。−(マイナス)と+(プラス)とこれだと発光する。この原理では悪があって、光があるということがはっきりわかった気がします。 自分も進んで光の使徒になる。

◆桑原先生のビデオを観て、少し意識が変わりつつある事に気がつきました。
やはり、今までは苦難の影に暗い心もよぎることがほとんどだったような感じがしています。
現世に生きている自覚をもっともって、有り難いことと感謝しながら、神様の方向をむいて、少しづつ、奉仕の出来る、優しい愛の人になって行きたいと思っております。
一歩一歩かみしめながら頑張って行きたいです。

◆愛と奉仕といつも聞いてきているが、根本的な目的をついつい忘れて知らずにエゴに生きてしまう事が多い、日々。
この所、自分に向き合い何の為にしているかと問う事の大切さを感じてる時に本日のビデオを見る事が出来とてもよかったです。再確認でき、タイトルのように光に光を加える者になれるように、日々を大切に過したいと思います。
他の方のお話も聞けまして、又それもとても良かったです。


第七章「光に光を加えるもの」の感想をご紹介 その2へ続く


愛で世界が変わる愛で世界が変わる
ネオ・スピリチュアリズム講話
桑原啓善
¥1,650(税込)2007.10.30

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930