書籍『デクノボーの革命』第1章「でくのぼう革命」感想紹介 その2

デクノボーの革命ネオ・スピリチュアリズム講話桑原啓善¥1,650(税込)2008/08/15

 

この『デクノボーの革命』の書籍は、桑原啓善(ペンネーム:山波言太郎 やまなみ げんたろう)が、スピリチュアリズムを学ぶために集まった人々を対象に話した講話の集成です。

 

この講話は一部をビデオに記録しており、第一章「でくのぼう革命」の基になった講演ビデオを、桑原啓善ビデオ会(タイトル:「でくのぼう革命」)として全国で開催しました。
このビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部と、第一章「でくのぼう革命」の本文を一部ご紹介します。

 

まず、第一章「でくのぼう革命」の本文を一部ご紹介します。

第一章 でくのぼう革命

一、アクエリアス革命とは何か

 私は「今は、ハルマゲドンである」と、これまでずっと訴えてきました。なぜかというと、核戦争か生態系破壊か人心悪化で、人類は今滅びそうになっているからです。それに、地殻変動や異常気象や大地震まで起こると、これはもう決定的に滅びます。ですから、今はハルマゲドンであると、そう言いつづけてきたわけです。
 なぜそうなるかというと、人類はいま悪魔(邪霊集団)の謀略にかかって、ころりとやられているからです。悪魔の謀略は次の三点です。1、「国の安全や平和は武器で守るもの」。2、「幸福は物と金から生まれる」。3、「救いは人間の外部の超能力にある」。以上です。
いかがですか、皆さんはこの中の一つや二つ、または三つともに同感なさいますか? それは貴方も悪魔の謀略にコロリとやられている証拠です。このように悪魔の謀略は巧妙で、もっともらしくて、だから人類をたらしこみ、そのために人類は最初にあげた、人為的な危機、また自然界の危機を生んで、今滅びそうなのです。だから「今、ハルマゲドン」です。
 1、「国の安全と平和を守るものは愛」です。2、「幸福は魂から(奉仕によって浄められた魂から)」のみ生まれます。3、「救いは自己の内部(内在の神)にあります」。以上が、不変の、それゆえに狂いのない霊的真理です。
 まる反対のことを、人類は信じきっているから、その不幸と破滅の原理が働いて、今ハルマゲドンです。いや、この破滅の原理から発する闇の光(悪想念)が地球を覆っていて、人類と地球を滅ぼしそうになったから、この浄化のための働きが、ハルマゲドンです。
 人間が、身を守るために人を殺す武器を増強しようとする時(これが核戦争の危機を生む原因です)、人間が自分の幸福のために金や物を得ようと狂奔する時(これが公害や、生態系破壊の原因です)、人間が救われようと外物のペンダントや、超能力の教祖や、呪術に他力依存する時(これが内在の神性を忘れさせ、魂を骨抜きにさせ、物や金や武器に他力依存し易くさせる、人心堕落の元凶です)。以上の三つの時、人間の心から悪想念(闇の光)が出まして、自己の不幸を生むだけでなく、人類全体の破壊の因をつくり、その悪想念が大地や海や空気にもしみ入って、それが異常気象や地殻変動の原因になるのです。
ハルマゲドンは人間がつくります。悪魔の謀略にコロリと乗っかった、現代の人類が起こしつつあります。
 かつて私は、地球を生かすも殺すも人間次第だと申しました。殺すのは右に書いたとおり、人間がその悪想念によって滅ぼすのです。生かすとは、もし、人間が悪想念に代え、白光(清浄な愛や、奉仕や、善意や、建設の意念など、愛と善の想念から発する光)をさかんに出すならば、ハルマゲドンは自然に解消し、アクエリアス黄金時代へと入るのです。
 ですから、私は「百人の光の使徒よ現れよ」と申しました。今ハルマゲドンを自覚し、地球と人類の救済のために、闇の光に代えて、白光を発光させる運動の尖兵となる人達のことです。その百人の人達がもう立ち上がっているでしょうか。団結しつつあるでしょうか。組織だった白光の発光運動へと展開の動きがあるでしょうか?…もし、そうでないと、ハルマゲドンは古来の幾つもの預言にあるように、いわば「終末」の様相で現実に、もうすぐ起こるでしょう。

 

ビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部をご紹介

 

●広島ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆桑原先生の御話はとっても良かったです。今日の御話を御縁として、今日からホワイト・イーグルの本を読んでみようと決意しました。昨年に続いて、2年連続2回目ですが、とにかく桑原先生の御話はわかりやすく、素晴らしいです。
今日、もう既に来年も参加する事を決意します。
今日から人の悪口を言わないで、人生の暗い面を見ない生活を送ってゆきたいと決意します。

◆人の何気ない負の想念、これが世の中にいかに悪影響を与えるか…がよく解った。
普段からこういう考え方を私も思いますので、気を付けています。また反対に、人に物言を言うときは、事実をつきつけるのではなく、むしろ「こうなったら良いな、これを言うと喜ぶかな?」という言葉を発するように少しずつ気を付けて実行しているつもりです。
これは真実であり、事実を越えるものだと思います。今日は因果律の事も学ぶことができました。
今現在、私はひどい腰の痛みで歩行、立位がとても辛いです。辛すぎて早くあちらの世界に行きたいと思うほどでした。心のしみ…原因は我にありですね。まだまだ奉仕が足りないのでしょう。あきらめずに努力します。「なんとかなるさ」と言うようにします!桑原先生、熊谷先生、ありがとうございました。

◆今日のお話を聞きまして、最近私達のまわりの国々でも、人々のいさかいが多く見られます。又、北朝鮮と米国とか不穏な空気も感じられます。
何故、人は仲良く出来ないのかと思います。つきつめれば、一人一人が少しずつでも努力して行けば、変わるのでしょうか。私も改めて、自分のまわりから変えて行けたらと思います。

◆このビデオ会は2016年頃から毎年参加していますが、毎回受講直後は「でくのぼうの生き方を絶対やっていこう」と思いながらも、1ヶ月くらい経つといつの間にか忘れて、自己否定したり、人・環境のせいにしたりしていました。だから昨年の大阪の地震や西日本豪雨、そして今年の京アニ放火事件や台風被害など、様々な人災・天災が起きてしまうのだと思います。今回のビデオで、山波先生が「世の中の危機を憂う気持ちがないと利己になる」とおっしゃっていましたが、その通り、私はこれまで災害に対して心を痛めるのは一時的で「他人事」だったのだと思います。今後は災害を常に忘れず、自分の言・行・想の結果だと常に思えるよう努力したいと思います。

 

●名古屋ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆家族や親戚から、宗教だから行くなと大反対された。当日も止められたにもかかわらず、それでも行きたい気持ちが強かったので行くことにした。
ビデオの上映が始まり、流れてきた音楽が心地良くて眠気が起きて、束の間だけど意識が遠退いた。耳元で聞き覚えのある犬の鳴き声がして、誰かが『起きて、起きてよ』と言っていたのでビデオの画面を見た。
桑原先生の正面の頭上、白髪の所に少し重なって、4年前に死んだ可愛がっていたペットの犬のキョンがワンワンと鳴いていた。キョンの姿が濃くなり、桑原先生のお顔が薄らいで行き、キョンが人が話すように『聞いてよね』と言った。もう、ビックリしたわ!話の終了間際になると、キョンの姿が薄らぎ桑原先生のお顔が濃くなり、ハッキリと見えるようになった。
キョンが講義中、しっかりと私の顔を見ていて、見守っているかのようだった。最後まで聞くことが出来ましたよ。
何しろ初めてのことだったので、交流会の参加は止めましたよ。聴いていて、これは宗教では無いと確信することができた。
今まで近隣の人からの誘いで、2つの宗教団体の集会に参加していた。毎回、話をされることには、こういうことを行うので寄付金とか、お布施の強要をされて、そのために嫌になり脱退したのよ。
今回のビデオ会では、寄付金等を強要、強制される話は、一言も出なかったので、ここは今までのところと違うのだなぁーと思った。
お話がとても為になり、本当に良かった。このビデオ会の結果を聞きたかった人がいたので、話を聞けば考えが一変すると伝えた。
それからね、ほとんど毎日足が痛むのだけど、この日は朝から楽で痛みが無く、会場まで歩いていっても、いつもよりスムーズに歩けたの、帰宅してから気付いたことは、いつも出掛けると、両足の親指が酷く痛み、両ふくらはぎが痺れてだるくなり、痛みが増してきて、睡眠不足になるけれど、全くこの日は良く眠れたの、有り難いわ。
また、このようなビデオ会に参加したいので知らせてほしい、お願いします。

◆三たびビデオ会に出席させていただき色々とありがとうございました。お陰様でより確信を得させていただきました。愛と奉仕の実践はささやかながらですが一歩一歩進めてさらに光を醸成してゆきたく思います。毎日毎日朝の白光を拝し何かお役に立ってゆけるかをつみ上げてゆきたく前進します。ありがとうございました。ことばと想いと行い、徹してゆきたい。今後ともよろしくお願いします。

◆30分以上遅刻してしまったのですが、それでもすごくよい内容で、考えさせられました。どうしても、ついつい自分中心で、とても愛と奉仕の精神はもち合わせていません。悪魔のささやきの方が勝っているようです。
しかし、それではいけないんだという気づきがありました。これからは気づいた以上、少しでも神が喜ぶ行い、心をもつようにしようと思いました。
それが自分ひいては家族、地域、日本、世界と広がって、幸せな方向に行くことだと思いました。
ありがとうございました。

 

●金沢ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆今日のビデオ「でくのぼう革命」は初めて見ました。
山波先生のお話からは、胸の痛む言葉が次々と投げかけられましたが、あまりに明確なので「その通り」としか思えませんでした。
一つには、「自分を守ろうとすると暗い想念が出る」というお話も、病気になり退院後も自分をかばって無理のない生活をし、それがどんどん自分に甘えを許すことにつながり、エゴの暗い想念だったんだと納得しました。
また、今まで、相手は自分の「写し鏡」は学習してきましたが、「世界は自分の鏡」という言葉を聞き、思わず重い責任を感じました。近年のメディアで報じられる事件・出来事も、他人事ではなく、自分の身の一部のように感じることが多々ありましたので、山波先生は善きにつけ悪しきにつけズバリ一言で言い表わされたんだと理解しました。
すごい表現です。

◆いつの間にかビデオの中に引き込まれ、桑原先生がそこにいて話しておられるようでした。
自分でいくら本を読んでも分からなかったことが、熊谷先生の導入のお話とビデオの桑原先生の話を聞いていると繋がって頭に入ってきました。
日本や地球のあちこちで起きる異常気象や災害に、自分の出す悪想念が影響していることが、中々ピンと来ない部分がありました。それはそんな大規模なこと、嫌な暗いことに自分が加担していると思いたくなかったのではないかと気が付きました。
地球と自分がそうして影響し合っているなら、今度は反対に明るく生きやすい社会に、地球にしたいという意志と覚悟を持って生きることが、世の中を変えるのだと地球のためだと教えて頂きました。大袈裟なことをしなくても、日常の生活、言葉、行い、思いが愛と奉仕であるように努めることだとたどり着きました。今回もビデオ会は自分の生き方をもう一度根本から見直すことになりました。本当にありがとうございました。

◆自分に関する事ばかりで、自分は何をして生きてきたのだろうと思い、はずかしいです。もっと自分をみがかなければいけないと思いました。

◆初参加です。
・世界の幸せなくして個人の幸せはない
・苦難は、次のステージへ行く成長の試験
・批判的なコトバは言わない
心に残りました!


デクノボーの革命ネオ・スピリチュアリズム講話桑原啓善¥1,650(税込)2008/08/15

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930