書籍『愛で世界が変わる』から〈第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」〉の感想をご紹介 その2

愛で世界が変わる愛で世界が変わる
ネオ・スピリチュアリズム講話
桑原啓善
¥1,650(税込)2007.10.30

 

この『愛で世界が変わる』の書籍は、桑原啓善(ペンネーム:山波言太郎 やまなみ げんたろう)が、スピリチュアリズムを学ぶために集まった人々を対象に話した講話の集成です。

 

この講話は一部をビデオに記録しており、第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」の基になった講演ビデオを、桑原啓善ビデオ会(タイトル:「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」)として全国で開催しました。
このビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部と、第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」の本文を一部ご紹介します。

 

その1はこちら


まず、第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」の本文を一部ご紹介します。

第六章「光の使徒を選ぶのは貴方自身です」

 

一、光の使徒は志願制度

 

 百人の光の使徒が集まれば世界が変えられると、常々私は申していますが、それはどうしてか、またなぜそういう必要があるのか、そういうことについて今回はお話し致します。
 いま地球が大変動期にあるのは、心ある人ならみなお気付きのことでしょう。いわゆるアクエリアス時代(みずがめ座の時代)に入りつつあるのです。それはどういうことかというと、天文学的にみて地球の状況に変化が起こりつつあるということです。つまり、わが太陽系の太陽は約二万六〇〇〇年で黄道(太陽が天球を動く道)を一周します。それにつれて地球と太陽を結ぶ線上にある星座が違ってきます。黄道を十二等分するとき、十二の星座がそこにあります。これを十二宮といい、それぞれに名前がついています。一つの星座の時代は十二等分ですから、約二一五〇年です。これを一エージ(一時代)とします。そのいみで、今までは双魚宮(うお座)の時代だったのですが、今や宝瓶宮(みずがめ座、アクエリアス)の時代に入りつつあります。地球から見て太陽を結ぶ線上にある星座が変わってきますと、その星座のもつエネルギー(磁力)が当然地球に違った影響を及ぼすことになります。これは占星術でそういうことを言いますが、密教(太古の英知)でもそのように言います。わが太陽一個でさえ莫大なエネルギーを持ちますから、星座ともなれば、当然そこにはかりしれない影響力があると考えてしかるべきです。星座にはそれぞれ違った個性(違った種類のエネルギー)がある筈です。従って時代が変わると、地球に及ぶエネルギーに変化が起こって、そのために地球上の人間の生活や文化やものの考え方にまでその影響が起こることになるのです。この大変化がいま起こりつつあるのです。
 約二〇〇〇年に一度の変化です。いいえ、このたびの変化は実はもっともっと大きいもののように考えられます。一つは、みずがめ座のエネルギーは愛と平和と統合のエネルギーです。ですから、人類は一つに、ものの考え方や文化も一つに、今まで分裂していたものが愛によって一つにうまく統合されていく時代に、われわれは今入りつつあるのです。これは大変化です。しかし、このたびの変化はもっと、つまり二〇〇〇年に一度という以上に、大規模のもののようです。それは神霊界から地上への霊力の投入の働きかけが異常に大きいのです。今まで分裂していた人類を一つにするのですから、莫大な霊的エネルギーの投入があって当然ですが、それ以上に異常です。何が何でもこのたびの人類の融和統合は成就させねばならない、「霊的真理はこのたびは地上に必ず定着する」とシルバー・バーチは断言します。ということは、もしそうならなければ地球は大変なことになる、そういう裏があるわけです。つまり、みずがめ座になっただけでなく、今回のアクエリアス時代は天文学的にみて、もっと奥深い宇宙的進化発展の変化とかかわっているということでしょう。
 もし、失敗したら地殻変動のようなこともある。すなわち陸地の陥没、新しい大陸の隆起、そういうことが全くないとはいえない。それがノストラダムスの予言や、エドガー・ケイシーの予言などにチラリと出て来るのでしょう。シルバー・バーチはハルマゲドン(善悪の闘争で人類の終末が来るという信仰)ということはない、ホワイト・イーグルも間違いなく地球上の物質的変化は起こるが突然の破局が来ることはない「世界に大悲慘事が起こると予期することは不賛成である。皆さん、私達は保証しておく、地球に一大破局は起こらない……もし、人々が思念によってそれを創らない限り」と言ってくれています。
 ノストラダムスなどの予言を盲信して、人類の破局を予期することは愚かなことです。その想念によって現実にその破局を招来するからです。逆に建設的な気持ちでアクエリアス黄金時代を迎える希望に生きることです。ただ、時代の変化が現実にきびしいので、ここで人類の大きな覚醒がなければ危機はある、それは戒めとして心に刻んでおくべきでしょう。
 新時代は必ずきます。それはみずがめ座からの統合のエネルギーが投射されるからです。更に宇宙的な規模での愛や平和のエネルギーが投射されるからです。それに地球神庁でのかつてない霊的エネルギーの投射活動が行われているからです。バーチの断言どおり、今回は霊的真理は必ず地上に来て定着します。すなわち新時代が来ます。
 ただ一つの条件があります。地上に光の使徒(神の通路となる人)が少なければ、新時代は来てもその前に破局があります。光の使徒の数が多ければ、平安裡に新時代が来ます。問題はこの光の使徒の存在いかんです。  なぜそういうことが言えるのかというと、実はこうです。変革のエネルギーである宇宙からの平和や統合のエネルギーは、強すぎるので、直接人間には作用できません。もしそんなことをしたら人間は悶絶します。これは地球の神庁で一度うけとめられます。そこの神霊たちから人類へ向けてワンステップをおいて投射されます。しかし、このエネルギーさえもまだ一般の人類には強すぎて直接作用しません。すなわち波長が違うので一般の人々には受信できないのです。そこで、人類の中のこれら神霊と波長の合う人々、すなわち光の使徒たちの存在がどうしても必要なのです。地球神庁からの変革のエネルギー(愛と平和の想念)が光の使徒たちに受信され、この光の使徒たちの活動を通じて一般の人類へとそれが及ぶ、そういう段取りが必要なのです。光の使徒とはいわば神霊たちの協同者です。ホワイト・イーグルが神の協同者が必要と言っているのはこのことです。シルバー・バーチもこの意味で「霊的真理に気付く人達がみんな団結すれば、大事業が達成される」と叫んでいます。


ビデオ会に参加された方々からいただいた感想の一部をご紹介

 

●金沢ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆今回、縁あり初めて参加させていただきました。
ビデオのお話を聞かせていただいて人間の本質は愛だと思いました。映画でも真実でも、本当に感動した時、心が震えた時、胸がしめつけられ涙が込みあげる時、そこに人間としての本当の姿がある様に思います。
今の世の中は、とても混とんとして、悲しい事が毎日映像に流れ、時として日常的になり無気力、無関心になっているそんな時、愛(心のやすらぎ)も喜びも感じない日常になっている時代です。
今回のビデオを見て、この様な会があり人生の意義を知りたいと思い、人間が幸せになるには何が必要かを探究する会がある事を知り嬉しく思いました。

◆今日のビデオ会にご縁をいただいたことに感謝します。
日々の生活に一生懸命になり過ぎると、生まれてきた意味とかを忘れがちになります。みそぎ祓いをうけたようにすがすがしい。
何より嬉しかったことは、誰でも愛と奉仕に生きると決断すると、そのような人生になり、この地球も平和へとなるということです。一人の決断はとても大切な事と自覚させられました。今の情況の中で、真理を学習し、神の通路となれるよう日々精進したいと決意のできるビデオ会でした。

◆今日は1年ぶりに来ることができました。
「光の使徒を選ぶのは貴方自身です。」のビデオを見させて頂き、本当に考えさせられました。
今の世の中を見て1人でも多くの光の使徒が出現しなければならない時だと思います。
そして誰でも光の使徒になることができるのならば、私も光の使徒になることを自分で決めたいと思いました。因果の法則はその通りだと思います。
人のせいにしないことが大切だと思います。そうしないと自分を反省して変えることができないので。
また人の苦しみ、世の苦しみも自分の苦しみと思うことを聞かせて頂き、そのような気持ちになっていきたいと思いました。
今日は光の使徒になれる方法を聞かせて頂き本当に良かったです。


●福岡ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆「世の中の苦しみ、人の苦しみは自分の苦しみ」と感じているか?
自分が経験した痛みはわかるが、そうじゃない場合は、まだまだ人事(ひとごと)になっていると気付いた。
「共産と資本主義を一緒にできる」という言葉がなるほど!!と思った。
「愛でやったことは、その人に一番いい時、いい形で全て必ず返ってくる」と聞いて安心した。やっぱりすぐ結果を求めたがるが、本当にその人にとって一番の愛の形になっているんだと思った。
私も光の使徒になりたいです。

◆心に残った点
・日常の「すべて」がテストであるということ。苦難や試練のみがテストだと思っていた。日常の「あらゆる営み」すべてがテストだなんて!
・愛。本人の「魂の進化」のためになるのが愛。本人の物質的な援助になるのは本当の愛でない。
・因果の理法のものさし。
・「光の使徒」の意味がスーッとわかった。感じた。感じるまでに25年かかった。わかった、感じたが答えることができない。
・愛と奉仕は創意工夫がでてくる。
・前半を寝てしまっていました。「許すこと」の大切さ。

◆今日はいいお話しありがとうございました。
投げれば投げられる、うばえばうばわれる、与えれば与えられる、というバランスの上にあるというお話。何度も心の中でくり返し思いました。本当にそうなのですね。何と自分は浅はかな日常に生きていたのかを思い返しました。「受けること」のみに幸福の価値を置いて生きていたように思います。
又、相手の魂の進歩の為にすることが「愛」であるということも深く心に響いて参りました。
ありがとうございました。いい日を過ごさせていただきました。


●広島ビデオ会のアンケートより
ビデオ会の詳細はこちら▷

◆非常に深く、壮大なお話で夢中になって拝見しました。特に、因果律で、人の罪を自分の罪と思えた時から世の中が変わっていく、という点は今迄よく理解出来ていなかったところなので、先生の力のこもった説明を聞いて、ああそうかと理解出来た気がいたしました。日々実践していくよう、気持ちを新たにしました。有意義な会を開催下さり、ありがとうございました。

◆「愛と奉仕の生活原理」を使命感を持って何があっても変えない、いちばん心に残ったところです。

◆愛に生きる。人の痛みを自分のことのように。簡素な生活。奉仕の気持ち。使命感、決意。魂の進歩。神は自分の中にいる。これからの行い、改めて考えなおさせられました。

◆今の世の中、お金中心の物質世界で、人の生命はないがしろにされています。希望はあるのでしょうか。この世の中、生きる意味はあるのでしょうか。愛と奉仕に生きる。一人一人がそのような考えであれば、生きやすい社会になると思います。


愛で世界が変わる愛で世界が変わる
ネオ・スピリチュアリズム講話
桑原啓善
¥1,650(税込)2007.10.30

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930